ドローン開発

ドローンの活用は徐々に広がっており、農業や測量などのように既にドローンの活用が定着し始めている分野もあります。ドローンの活躍範囲は当面の間は広がっていくと予想されていますが、それに伴い今後は個々の目的に応じたカスタマイズ(ドローン開発)の重要性が増してきます。

ドローン開発が求められる理由

例えば、ドローンを使って農薬散布をする場合は、農薬を均一に散布するため決められたルートを2次元的に正確に飛行することが重要です。一方で、検査・点検の分野では、トンネルの内壁や建築物の外壁を上昇と降下を繰り返しながら壁に沿って飛びつつ赤外線カメラで撮影するため、高度方向の制御が重要になります。

このように、活用分野によってドローンに期待される機能・性能が異なるため、分野ごとあるいは個々のサービスごとのカスタマイズが重要です。ドローン市場の拡大に伴って競争が増えれば、他社との差別化のためにカスタマイズの重要性はさらに増していくと予想できます。

このような背景から、ドローン開発の需要は高まっており、またそれを可能とする技術者・エンジニアも求められています。

ドローンの開発プラットフォーム

ドローン関連の開発は規模が大きくなりやすく、何らかの開発プラットフォームを利用することが多いです。世の中にはドローンに関連する開発プラットフォームが数多く存在しており、例えば以下のようなプロジェクトが存在します。

ArduPilotやOpenTXのように特定の分野に特化したプロジェクトから、Dronecodeのように包括的なプロジェクトまで種類は様々です。特に、飛行制御のような機体ごとの差が出にくい部分では既存のプラットフォームを利用し、分野ごとあるいは個々のサービスごとのカスタマイズになる部分に開発のリソースを割くことが多いです。

このカテゴリでは、ドローン開発に利用できる開発プラットフォームの紹介や、具体的な使い方等を紹介します。実際にドローンを自作しつつ、活きた情報をまとめていきます。商業だけでなくホビーユーザーにとっても有用な情報を提供します。

また、ドローンのソフトウェア開発においては欠かすことのできない「プログラミング」については以下のページでまとめています。こちらも併せて参考にしてください。

カテゴリードローンプログラミング

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(2)飛行試験と開発の今後

PX4 Dronecode

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(2)飛行試験と開発の今後

2020/5/1  

Dronecodeの飛行制御開発プロジェクトであるPX4を使用し、ラジコン飛行機の自動操縦システム構築に挑戦されている河上 宣道さんに開発の模様を寄稿していただきます。後編の今回は飛行試験でPX4の飛行モードを検証した結果を紹介します。

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(1) 開発背景とシステム構成

PX4 Dronecode

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(1) 開発背景とシステム構成

2020/4/30  

DronecodeのフライトコードであるPX4を使用し、ラジコン飛行機の自動操縦システム構築に挑戦されている河上 宣道さんに開発の模様を寄稿していただきます。前編の今回は自動操縦システムの動向調査・システム構成の決定等を紹介します。

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#3 モデル設定編(便利機能)

OpenTX ドローン開発

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#4 便利機能編

2020/4/14  

ドローン、マルチコプターやラジコン飛行機などを操縦するためのプロポ(送信機)用オープンソースソフトウェア「OpenTX」の設定方法を解説します。GLOBAL VARIABLESやSPECIAL FUNCTIONSを中心に設定を楽にする便利機能を紹介します。

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#3 モデル設定編(操縦コマンド)

OpenTX ドローン開発

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#3 操縦コマンド設定編

2020/4/10  

ドローン、マルチコプターやラジコン飛行機などを操縦するためのプロポ(送信機)用オープンソースソフトウェア「OpenTX」の設定方法を解説します。スティック等の入力からサーボ・モーターへの出力に関わる信号の設定を紹介します。

OpenTXでドローンを飛ばす!#2 モデル設定編(送受信信号・表示)

OpenTX ドローン開発

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#2 信号送受信・表示編

2020/4/4  

ドローン、マルチコプターやラジコン飛行機などを操縦するプロポ(送信機)用のオープンソースソフトウェア「OpenTX」について、モデルに関連する設定方法を解説します。信号の送受信やテレメトリー、画面表示等に関する設定が中心です。

ドローン開発に活用できる機体とフライトコントローラー

ドローン開発 ドローンプログラミング

ドローンのソフトウェア開発に活用できる機体とフライトコントローラー

2020/3/28  

ドローンを利用するシステムやドローン用のソフトウェアを開発する際に利用できる完成品ドローンやフライトコントローラーを紹介します。また、ドローン開発時に利用できる開発プラットフォームやソフトウェアの分野等も解説しています。

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#1 プロポの基本設定編

OpenTX ドローン開発

OpenTXでドローン・ラジコン飛行機を飛ばす!#1 プロポの基本設定編

2016/11/28  

ドローン・マルチコプター・ラジコン飛行機などを操作する送信機(プロポ)用のオープンソースソフトウェア「OpenTX」について、モデルに依存しないプロポの基本的な設定方法を紹介します。日時・音声・バイブレーション・チャンネル・モードの設定が中心です。

OpenTX ドローン開発

OpenTX(ラジコン送信機・プロポ用ソフト)の使い方とインストール・設定方法

2016/10/10  

ドローン・マルチコプター・ラジコン飛行機などを操作する送信機(プロポ)には様々な種類があります。中でも、オープンソースソフトウェアのOpenTXは、細かい設定が可能で世界的に人気です。OpenTX対応のプロポやソフトのインストール方法を紹介します。

APM ArduPilot Megaのフライトモード

APM:ArduPilot Mega ドローン開発

【APM】ドローン・マルチコプター・RCプレーンのフライトモードの種類と効果

2016/9/11  

ドローン・マルチコプター・ラジコン飛行機向けのオートパイロットプラットフォームであるAPM(ArduPilot Mega)のフライトモード(飛行制御モード)を、制御方法と実現する機能に注目して解説します。また、空撮用ドローンとして有名なDJI Phantomとの比較も行います。

Mission Planner(ミッションプランナー)

APM:ArduPilot Mega ドローン開発

Mission Plannerの使い方・インストール・設定方法 【APM:ArduPilot Mega】

2016/9/3    

APM(ArduPilot Mega)代表的なグラウンドコントロールステーション(GCS)であるMission Planner(ミッションプランナー)を解説します。インストール方法や、フライトコントローラーへのファームウェアアップロード方法、ミッションフライトの設定方法が中心です。

ドローン空撮 APM:Copter AUTOモード ウェイポイント飛行

APM:ArduPilot Mega ドローン開発

【ドローン空撮】APM:CopterのAUTOモード・ウェイポイント飛行の設定・実施法

2016/8/30  

オープンソースのオートパイロットプラットフォーム「APM:ArduPilot Mega」を利用して、指定航路を飛行するウェイポイント飛行(ミッション飛行)を実施する方法を解説します。ファームウェアにAPM:Copter/ APM:Plane、フラコンにPixhawk等を使用します。

APM:ArduPilot Mega

APM:ArduPilot Mega ドローン開発

APM:ArduPilot Mega-ドローン・RC飛行機用オートパイロット [Drondecode]

2016/8/27    

高度なオートパイロット(自動操縦)システムを実現する、オープンソースのプラットフォーム「APM:ArduPilot Mega」を解説します。ドローンコードプロジェクトの一部でもあるAPMは、ドローン・マルチコプター等に搭載するファームウェア、GCSソフトウェア等から構成されます。

フライトコントローラー Dronecode

3DR Pixhawk-APM推奨の高性能ドローン用フライトコントローラー

2016/7/3  

APM(ArduPilot Mega)の推奨ドローン用フライトコントローラー「Pixhawk」を紹介します。日本ではユーザー・情報が少ないですが、上手く活用するためのスペックやコネクタなどのインターフェース仕様、必要な関連モジュール・周辺機器の情報などをまとめます。

Dronecodeプロジェクト

Dronecode

Dronecodeとは何か―オープンソースドローン開発プラットフォーム

ドローンの統合的な開発プラットフォームとしてDronecodeが注目されています。日本語での情報が少ないDronecodeの背景とプロジェクト構成を紹介します。フライトコントローラ・シミュレータ・アプリ用APIなどハード・ソフト両面にまたがるプロジェクトです。

© 2020 Ailerocket/エルロケット