Dronecode

Dronecodeは、オープンソースのドローン(無人航空機:UAV)開発向けプラットフォーム及びそのプロジェクト群です。ドローンの普及に伴いDIY(自作)ドローンやその開発者の数が急増しています。これらのドローン開発者を助け、ドローンをよりイノベーティブなものにすることを目的とした開発プラットフォームがDronecodeなのです。

Dronecode - Building a sustainable open source ecosystem for critical Drone components

Dronecodeとは

Dronecodeは、Linuxオペレーティングシステムの普及を目指す非営利の企業団体「The Linux Foundation(リナックスファウンデーション)」により運営されています。Linux Foundationの指揮のもと、複数の企業がDronecodeプロジェクトに参加し、既存または開発中のオープンソースプログラムを統合し、「Dronecode」という形でドローン向けのオープンソースプラットフォームを作ろうとしています。

Dronecodeに参加している企業は少しずつ変遷しているため時期による差はありますが、過去も含めて主要な役割を果たしてきたのは以下のような企業です。

  • 3D Robotics
  • Intel
  • Qualcomm
  • Microsoft
  • Auterion

Dronecodeの主要なプロジェクト

Dronecodeを構成するプロジェクトのうち、代表的なものは以下のとおりです。

  • PX4 - Dronecodeの中核となる飛行制御プログラム
  • QGroundControl - パソコン等にインストールしPX4の設定や機体からの情報を受信するプログラム
  • MAVLink - Dronecode上の標準となる通信プロトコル
  • Pixhawk - PX4に対応するフライトコントローラー(PX4と開発者が同じ)
  • Dronecode SDK - Dronecodeを利用する開発者向けのソフトウェア開発キット

最新記事

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(2)飛行試験と開発の今後

PX4 Dronecode

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(2)飛行試験と開発の今後

2020/5/1  

Dronecodeの飛行制御開発プロジェクトであるPX4を使用し、ラジコン飛行機の自動操縦システム構築に挑戦されている河上 宣道さんに開発の模様を寄稿していただきます。後編の今回は飛行試験でPX4の飛行モードを検証した結果を紹介します。

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(1) 開発背景とシステム構成

PX4 Dronecode

PX4によるラジコン飛行機の自動操縦(1) 開発背景とシステム構成

2020/4/30  

DronecodeのフライトコードであるPX4を使用し、ラジコン飛行機の自動操縦システム構築に挑戦されている河上 宣道さんに開発の模様を寄稿していただきます。前編の今回は自動操縦システムの動向調査・システム構成の決定等を紹介します。

フライトコントローラー Dronecode

3DR Pixhawk-APM推奨の高性能ドローン用フライトコントローラー

2016/7/3  

APM(ArduPilot Mega)の推奨ドローン用フライトコントローラー「Pixhawk」を紹介します。日本ではユーザー・情報が少ないですが、上手く活用するためのスペックやコネクタなどのインターフェース仕様、必要な関連モジュール・周辺機器の情報などをまとめます。

Dronecodeプロジェクト

Dronecode

Dronecodeとは何か―オープンソースドローン開発プラットフォーム

ドローンの統合的な開発プラットフォームとしてDronecodeが注目されています。日本語での情報が少ないDronecodeの背景とプロジェクト構成を紹介します。フライトコントローラ・シミュレータ・アプリ用APIなどハード・ソフト両面にまたがるプロジェクトです。

© 2020 Ailerocket/エルロケット