ドローン・無人航空機の資格

日本国内では、ドローンの普及に伴いドローンに関連する資格及びその認定団体が急速増えています。これらは法的な拘束力を持つものではなく、あくまで民間の資格です。そのため、ドローンを飛ばすために必要な資格(=免許)は存在しません。

一方で、ドローンを使うビジネスの現場では、操縦技能の証明として一定の実用性があります。

代表的な資格の認定団体とその団体が発行する資格には、以下のようなものがあります。

このカテゴリでは、多数あるドローンの資格について、それぞれの特徴を比較・解説し、目的に合わせてどの資格を取得すべきかを紹介しています。また、ドローンを操縦するために資格が必要になる特殊ケースなどを、法令に基づき解説します。

また、ドローンの操縦技能を認定する資格取得のためにはドローンスクールで講習を受講する必要があります。ドローンスクールについては、以下のカテゴリをご覧ください。

カテゴリードローンスクール

ドローン操縦のルール・法律を解説

ドローン・無人航空機の資格 ドローンの法律・ルール

ドローンの飛行に免許・資格は必要?操縦に関するルール・法律を解説

2020/2/16  

ドローンを飛ばすための資格・免許の必要性や関連する法律を紹介します。また、ドローンを飛ばすために許可・承認が必要になる事例を解説します。ビジネスでよく利用されるドローン操縦の民間資格についても実用性の高いものを紹介します。

ドローンの資格をおすすめの4種類から選ぶ方法

ドローン・無人航空機の資格

ドローンの資格はどれがおすすめ?主な資格4種類の目的別の選び方

2020/2/14  

多数あるドローンの資格から主要な4種(JUIDA、DPA、DJI JAPAN、ドローン検定)について、長所と短所を比較しながら取得すべき資格の選び方を解説します。また、資格取得のメリットやそれぞれの資格を取得するためのスクールも紹介します。

ドローン検定協会認定資格「無人航空従事者試験(ドローン検定)」とは?

ドローン・無人航空機の資格

ドローン資格解説!無人航空従事者試験(ドローン検定)は認定数No.1

2020/2/13  

ドローン検定協会が認定する「無人航空従事者試験(ドローン検定)」を紹介します。ドローンの主要な資格の中では唯一筆記試験のみで取得可能で、取得後にドローン教習所というスクールで操縦技術を学び別の資格を習得することも可能です。

DJI JAPAN認定資格「DJIスペシャリスト」とは?

ドローン・無人航空機の資格

ドローン操縦の資格!DJI CAMPで取得できるDJIスペシャリストとは?

2020/2/12  

ドローン操縦資格のうちDJI JAPAN株式会社が認定する「DJIスペシャリスト」「DJIインストラクター」等の資格を紹介します。DJI認定資格はDJI CAMPを受講し取得します。DJI CAMPは他のドローンスクールと比べ安価ですが難易度は高めです。

JUIDA認定資格「無人航空機操縦技能証明証」「無人航空機安全運航管理者証明証」とは?

ドローン・無人航空機の資格

ドローン操縦の資格を解説!JUIDA認定資格の特徴・長所や取得法は?

2020/2/11  

ドローン操縦の資格のうち日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が認定する「無人航空機操縦技能証明証」「無人航空機安全運航管理者証明証」等の資格を紹介します。他の資格に比べ未経験者が低コストで取得できスクール数が多いのが特徴です。

DPA認定資格「ドローン操縦士回転翼3級」とは?

ドローン・無人航空機の資格

ドローン操縦の資格を解説!DPAのドローン操縦士回転翼3級とは?

2020/2/9  

ドローン操縦の資格のうち、ドローン操縦士協会(DPA)が認定する「ドローン操縦士回転翼3級」を紹介します。資格取得の過程で操縦技能を磨くことに重点を置いたカリキュラムが特徴的です。DS・J東京中目黒校などで取得できます。

ドローンの資格にはどんな種類がある?JUDIA・DPA・DJIほか

ドローン・無人航空機の資格

ドローンの資格にはどんな種類がある?JUIDA・DPA・DJI等を解説

2020/2/8  

ドローンの操縦に関連する資格について、認定団体や法的背景も交えて分かりやすく解説しています。種類が非常に多いドローンの資格の中から、実用性の高いものを抽出し、取得方法、費用、有効期限、受講資格などを紹介します。

© 2020 Ailerocket/エルロケット